パンフレット作成 カタログ制作 デザインのパンフレット制作しチャオ!

電話でのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

販促活動はちゃんと出来ていますか?

180330_01s

こんにちは酒井です。

早いものでもう3月が終わってしまいますね。

弊社では、2月後半~4月上旬までは繁忙期で、今はその真っ只中です。

…が、それが終わると閑散期に入っていきます。

実は閑散期の業績は、繁忙期(閑散期に入る前)の活動内容で決まってしまいます。

お客さんのところに行くと「今忙しいのでまた今度」とか「○日ぐらいからは暇になるのでそれ以降に来て欲しい…」って言われる事があります。

暇になってから販促活動の打合せをしていたのでは、実は遅いのです。

大変なのは十分承知しておりますが、暇になる前…、繁忙期のうちに次の手を打っておかなくてはなりません。

皆さんはちゃんと繁忙期のうちにその後の販促活動が出来ていますか?

こんな事を書いていますが、実は今年は弊社がちゃんと販促活動が出来ていません。

このあとがちょっと不安です。

今年は、4月18日・19日に「マイドームおおさか」で「Designflat」の展示会があります。

定額制デザイン制作「デザイン・フラット」

また、6月頃に「就職応援BOOK COURSE京都版」が創刊予定です。

就職応援BOOK COURSE京都版

今年はこれらにばかり時間を取られてしまってその他の案件の販促活動が…。

ダメですねぇ〜。

まだもう少し時間があるのでしっかりと販促活動をして行きたいと思っています。

ここで少し販促活動について語らせていただきます。

営業時にお客さんと話をさせていただいている内容です。

一言で販促活動と言っても販促活動には、チラシやダイレクトメール、メルマガなどなどたくさんのツールがあります。

皆さんはどのツールを使って販促活動をしていますか?

実際は、ツールの特性を知った上で活用しなくてはいけませんね。

チラシについては、新聞折込として入れる場合、皆さんもご存知の通り近年購読者数が減ってきています。

そして20代〜30代前半の読者は本当に少なくなってきているんです。

つまり、20代〜30代前半の方をターゲットにした業種や案件などは非常に反応が出にくくなって来ています。

もし、新聞折込を使うのであれば、20代〜30代前半の方のご両親などに響く広告を作る必要があります。

パッと思う浮かぶのが不動産や工務店ですね。

ターゲットになるのが30才前後の方になると思いますが、そのターゲットの方々がそもそも新聞を読んでいない…。

そこを無視して新聞折込のチラシを入れるのはどうか?と思います。

チラシの内容を親御さんに届くようなキャッチコピーを入れるか?

新聞折込ではなく、ポスティングなど他の配布用方を考えるか?になってきます。

ダイレクトメールはどうでしょうか?

これは、発送するリストをどこから持ってくるか?で全然ターゲットが変わってきます。

自社が持っているリストに送るのならリピート案件になってきますし、

新規顧客を獲得したいのであれば、どこからか別のリストを用紙しなくてはなりません。

このように特性を把握して販促活動をしなくては意味がありません。

こんな話を書いているといくらでも書けますね。

…ちょっと長くなって来たので今日はこの辺りで終わらせていただきますが、

どこかで「効果のある販促活動の話」などして行きたいと思います。

関連記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930