パンフレット作成 カタログ制作 デザインのパンフレット制作しチャオ!

電話でのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

趣味で動画作り

271845b801882924a5f59f5a2cfc2738_s

友人が海外へ留学したので、その前に同じグループの友達でサプライズ動画を作りました。
せっかくなので制作するにあたりの話をまとめてみました。
企画撮影編集オール私です。
 
企画趣旨
友人(A子)が海外へ仕事をやめて1年間いくというので、B子とC子と私の3人でこっそりサプライズ動画を作ってディスクに入れるかなどしてプレゼントしたい
 
機材・編集ソフト
iPhone6plus(古い)
Premier elements
Illustrator
 
手順
―――――――――

テーマ・簡単なシナリオ作り

基本はビデオメッセージ形式で。
ただ好きに喋ってと言ってもみんな慣れていないのでトークテーマを考えることにしました。
1)仕事をやめて海外に行くと聞いた時
2)某国へいくA子へ伝えたいこと
3)個別のテーマ
 B子 ホームステイを受け入れていた側の経験からホームステイをする時のポイント
 C子 どんな経験をしてきてほしいか
 私  現地の友達をつくる方法
それぞれの特技や性格をもとに考えてみました。
 
動画のシナリオ
いわゆる絵コンテみたいなものですね。
そこまで長編でもないのでひとまず頭の中でまとめただけですが。
0:00~
留学先の国のニュース番組のOP
キャスターに「友人からメッセージがあるみたいよ」的な日本語のテロップ
(意味は英語と全然違う)
 
1:00~
各メッセージ動画を繋げる(動画間の切り替えはブラックアウトを使う)
 
7:00くらい~
「最後に」の切り替え画像
 
7:08くらい~
全員で「いってらっしゃい」コメント撮り
画面三分割してそれぞれ別で撮った動画を合わせるイメージ?
 
終わり
 
TV番組ほど複雑な構成ではないのと作るのは自分なのでこれくらいのざっくり感です。
―――――――――

撮影

隣の県に住んでいる子もいましたが、ひとまず京都駅の近くの飲み屋で集合。
突発で集まったので場所がぜんぜん空いてなく、ちょっと歩いた先のお店がとれました。
個室を選んだのですが、金曜日の夜だったこともあり、正直周りの皆様とても盛り上がっておられました。
マイクがスマホのものなので指向性がないから環境音もすごく入るんですよね。
また、声がときおりどっとお隣が壁越しに盛り上がるのでしゃべりが被せられたりしてリテイクなんてこともありました。
が、下手に場所を改めるよりも日常の中で撮影している感があるほうがいいかなと思うのでこれはこれでよかったです。
あと意外とご飯がおいしくて当たりでした。
 
編集するときのことを踏まえ、しゃべる前後5秒位長めに撮りました。
動画と動画の間に切り替え効果をいれるのですぐしゃべってしまうと被ってしまうので。
切るのは簡単ですが足りないのは困ります。
個別でとって最後に合わせる予定だった部分はさくっとみんなで一緒に撮りました。
 
あとはファイルがわかりやすいようにシナリオの流れの通りの順番で喋ってもらいました。
一々開いてどのテーマでしゃべっているか確認するのは非効率なので。
―――――――――

素材集め、テロップ作り

撮影が終わったら次は材料作りです。

・シナリオにある某国のニュース番組のOP素材を探す。
・そもそもその国のニュース番組名すら知らないので情報収集から必要です。
・画面左上に固定でニュース番組のロゴを配置したかったのでデータ集め
 (できればeps系、せめてpng形式)
・ニュースキャスターが喋っている動画探し、不必要な部分のカット作業
・テロップがほしいので装飾用のパーツ作り(Illustrator)
・「最後に」切り替え画像作り

今回はこれくらいです。
テキストは動画編集ソフトの機能を使っていれるので最終で入れます。
特に目立たせる文字など作るつもりはなかったのでシンプルに。
素材集めは今回はかなりスムーズに集められました。ロゴがepsで手に入ったのはラッキーでしたね。
―――――――――

編集

結果的には総時間11分くらいになったのですが
事前に素材集めがしっかりできていたのと頭の中で流れを固めていたのでかなりスムーズにできました。
ニュース素材のカット編集などもろもろいれても2時間くらいです。ラスタライズとデータ化するのに+1時間くらいあります
準備が8割ともいいますが、考えながら作るとやっぱり悩んで時間がかかるなというのはしみじみ思いました。
本業にしている人たちはもっと早く作ってるんだろうなと思います。
―――――――――

最後に

DVDに焼いて渡すには真っ白のディスクしか持っていないので、今回はUSBメモリに汎用ムービー形式にしたものを入れて渡しました。
USBメモリはプレゼントにもできそうなちょっと変わった形のものにしました。
マニキュアをいれるボトルみたいな形のもの。値段は安すぎてびびりました。(900円しなかった)
あとはクッション入りの封筒にいれて、シールをはってラッピングしたら完成です。
―――――――――
 
編集2時間といいましたが、実際素材作りや素材集めを踏まえるとまあまあ時間かけたので動画をつくるのは簡単じゃないなと思いました。
企画構成とシナリオをしっかり練らないと、行き当たりばったりは確実に無駄が積み重なります。
Youtuberになりたい方、企業の動画を作りたい方は体力をしっかりつけてから腰を据えて作業をすることをオススメします。

関連記事

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031