パンフレット作成 カタログ制作 デザインのパンフレット制作しチャオ!

電話でのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ

色々よもやま話

2019.11.08

card_joker

こんにちは、京都オフィスの月森です。

 

先日公開から少し遅れてついに「JOKER」を観に行きました。

観た感想を言いたいのは山々ですが初見時のインパクトを楽しんでもらいたいと思うので、何も言えなくなってしまいます。

一つ言うなら、映画を観ていてここまで胸が痛いというか詰まるような思いをしたのは初めてでした。終始良い意味でも悪い意味でも息苦しい作品です。

バットマンの基本設定がバンバン出てくるので、なんだったら観に行く前にアメコミ原作を購入したり何なりして予習してから観に行くことをオススメします。

特に現代社会に疲れた日本人が特に共感しやすいとの感想が見受けられますが自分はそうは思いませんでした。

主人公の境遇や心境を考えると自分たちと似ているなんて口が裂けても言えません。

この作品はピエロにならざるを得なかった一人の男によって繰り広げられる悲哀と狂騒にまみれた喜劇の物語。現在公開中なので是非劇場にてご覧ください。

 

そういえばSNSではとあるゲームが発売され始め、ちょっとした盛り上げを見せていました。

何かと言うと世界レベルの人気を博した、女神転生シリーズで有名なアトラスのペルソナシリーズ最新作「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」です。

ペルソナシリーズも1.2は女神転生寄りの雰囲気だったのですが、3から一変してオシャレというか現代的でスタイリッシュな内容に。そして、今に至るという感じですね。

ペルソナは初代を除いて全てプレイ済みなのですが、如何せんやりこみ要素が多く個々で完全に楽しみきれていません。

ただペルソナ5に関しては何故だかかなりやりこんでいた記憶があります。3週目でプレイ時間が300時間は超えていたはずです。盛っていません。

上記で書いたように膨大なプレイ時間がかかるため、日々が仕事の社会人には不向きなゲームのはずなのに不思議とプレイ時間が長くなる不思議。

そんなゲームの多くの追加仕様を含めた完全版が10/31(木)に発売されました。因みに自分はアマゾンで購入して毎日楽しくプレイさせていただいています。

 

そして、そんな結構な出費をした自分に追い打ちをかけるように、本日11月8日にメタルギアシリーズで有名な小島監督作品「DEATH STRANDING」が発売予定です。

この作品は驚くことに「処刑人」「ウォーキングオブ・ザ・デッド」で有名な海外俳優ノーマン・リーダス、

「HANNIBAL」「ドクター・ストレンジ」に出演していた北欧の至宝と呼ばれるマッツ・ミケルセンがキャラモデル及び声吹き替えで出演するのだとか。

2名とも自分が好きな俳優さんなので、PVや情報を見る度に嬉しすぎてたまりませんでした。小島監督はノーマンとマッツの大大大ファンで、四六時中Twitterで彼らのことについて愛を語っています。

この作品は小島監督が元々いたKONAMIを辞め、独立した会社の最初の作品でもあります。それもあってか世界中の彼のファンは特に注目しています。

自分としても購入はもちろんするのですが、お財布と相談しなければいけないので今の所予約はしていません。すぐ売り切れそうで怖いですね。

海外のレビューもほとんど高評価。と、思いきや不穏なレビューもチラホラとあったりしますが、実際やってみないと分かりません。

因みに「パンズ・ラビリンス」「シェイプオブウォーター」の監督であるギレルモ・デル・トロ氏も特別出演しております。豪華すぎます。

 

久しぶりに積極的にやりたいと思えるゲームが発売され始めているので、いいストレス解消にもなるので喜ばしい限りです。

ただ夜遅くまでのプレイは控えようかと思います。社会人としてしっかりと睡眠を取り日々の業務に取り組まなければ…と自分に言い聞かせるばかりです。

なにはともあれ、折角購入したゲームなので思う存分楽しんでいきたいですね。

関連記事

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930